株式会社 日本シャルフ ホーム > 製品とサービス > イージア 電子申請システム

イージア 電子申請システム

総務省「e-Gov」連動。便利なデータ入力機能で簡単一括申請。

とってもカンタン!こんなに便利! 電子申請システム「イージア」は、こんな方にオススメ。

  • 事例1
    • 現在、業務ソフトを使用していない方
    • これから電子申請を始めよう!と思っている方
    • 電子申請がよく分からない!と思っている方

    導入後

    仕事が変わる!

    「イージア」を導入するだけで、すぐ電子申請が始められます。電子申請でソフト使用の便利さを実感できたら、「社労法務システム」や「社労法務ASP」とのリンクも可能。今まで、行政官庁に出向いていた時間や手書きで書類を書いていた時間をコンサルティングや、顧問先拡大のための時間に変えられます!

  • 事例2
    • 現在、磁気媒体届出書を使用している方
    • 複数の申請に時間がかかって時間がもったいない!と思っている方
    • 同じところを何度もクリックしなくてはならないのが面倒だ!と思っている方
    • 総括表の取り込みができないので毎回入力しなくてはならない。
    • 初期情報を一度登録してあるのに、また今年も入力し直さなくちゃいけない。
    • 電子申請のソフトを使っても、結局は、磁気媒体届出書で登録した初期情報をもう1回登録し直さなくてはいけないのでは?
    • 保存先を自分で作成しないといけないので、複数事業所を一度に作成したらファイルがたくさんできてしまって何がどのファイルか分からなくなってしまう。
    • もし、磁気媒体届出書が「e-GOV」の一括申請に対応していなかったら・・・?いつまでも従来のように手間のかかる申請しかできない!

    導入後

    申請の際の手間など悩みが解決!

    • 「e-Gov」で入力し直す必要なし!
    • 磁気媒体届出書で登録した初期情報は『イージア』に取り込めるので、登録し直さなくてもOK!
    • 決まった場所へ自動的にファイルが作成され、ファイルの重複もなくなるから分かりやすい!
    • すべての情報を納めたファイルを指定して送信ボタンを押すだけ!ラクラク一括申請に変わります!
  • 事例3
    • 現在、他の給与ソフトをご利用の方

    導入後

    申請業務が、もっと楽に!もっと簡単に!

    テキストデータの入出力ができるので、現在使っているデータを取り込むだけで、 すぐに電子申請が始められます!
    電子申請で、ソフト使用の便利さを実感できたら、『社労法務システム』とのリンクも可能。さらに仕事がラクラクに!
    ※その際も、テキストデータ取込を活用して、データ登録ができます。

電子申請システム「イージア」導入の7つのメリット

  • 磁気媒体届出書から情報の取込が可能!
  • 複数事業所や複数手続きを同時に行える!
  • 電子署名、提出代行証明書、事業所基本情報は、1回の入力のみでOK!
  • 日本年金機構の仕様チェックを自動的に行える!
  • 「eGOV」画面の申請は、作成されたファイルを1回選択するだけ!
  • ファイルは、決められた場所に自動的に作成され、選択間違いを防止!
  • 申請後の内容確認もOK!

申請できる届

健保・厚年関係
  • 健保・厚年被保険者報酬月額算定基礎届
  • 健保・厚年被保険者報酬月額変更届
  • 健保・厚年被保険者資格取得届
  • 健保・厚年被保険者資格喪失届
  • 健保・厚年賞与支払届
  • 健保・厚年賞与支払届総括表
  • 厚生年金保険被保険者住所変更届
  • 健保・厚年被保険者生年月日訂正届
  • 健康保険被扶養者(異動)届 (国民年金被保険者資格取得、種別変更、種別確認(第三号被保険者該当)届書)
  • 健保・厚年被保険者氏名変更届
  • 国民年金第3号被保険者届のみ
  • 年金手帳再交付申請書(厚生年金保険)
雇用保険関係
  • 雇用保険被保険者資格取得届
  • 雇用保険被保険者資格喪失届
  • 雇用保険被保険者氏名変更届
  • 離職票の交付を伴う資格喪失届
  • 雇用保険被保険者資格喪失届提出後の離職票交付
  • 雇用保険被保険者転勤届
  • 雇用保険60歳到達時等賃金証明書の提出及び高年齢雇用継続給付受給資格確認
  • 雇用保険60歳到達時等賃金証明書の提出及び高年齢雇用継続給付受給資格確認・高年齢雇用継続給付
  • 雇用高年齢雇用継続給付(基本給付金)
  • 雇用高年齢雇用継続給付(再就職給付金)
  • 雇用保険休業開始時賃金月額証明書
  • 雇用保険育児休業給付(初回申請)
  • 雇用保険育児休業給付(育児休業給付金)
  • 雇用保険育児休業給付(育児休業者職場復帰給付金)
  • 雇用保険介護休業給付(介護休業給付金)
労働保険関係
  • 労働保険適用徴収
その他
  • 提出代行に関する証明書の印刷
  • 被保険者の委任状の印刷
  • 離職証明書の記載内容に関する確認書
  • 被保険者の確認を得られないやむを得ない理由について(社会保険労務士の疎明書)
  • 記載内容に関する確認書・提出代行に関する同意書

システム仕様

  • 社労法務イージアは、API対応システムです。
  • 申請を行うには、事業所情報と個人情報の登録が、必ず必要です。算定届・月変届・賞与届 は、それ以外に賃金情報が必要です。
  • 一度登録された 事業所情報・個人情報・賃金情報は、保存されています。

  • 【事業所情報】は、下記の方法で取り込みが可能です。
    1. 磁気媒体届出書から取り込み
    2. 手入力
  • 【個人情報】は、下記の方法で取り込みが可能です。
    1. 磁気媒体届出書から取り込み
    2. 手入力(個別入力・一覧入力)
    3. 他のデータ(CSV・エクセルデータ)から取り込み
          
  • 【賃金情報】は、下記の方法で取り込みが可能です。
    1. 手入力(個別入力・一覧入力)
    2. 他のデータ(CSV・エクセルデータ)から取り込み

  • 算定届・月変届・賞与届 は、手入力の他に、磁気媒体届出書に準拠して作成されたデータファイルをそのまま取込む事ができます。
    • 磁気媒体届出書に準拠して作成されたデータファイルについての注意点
      ひとつの種類の届出だけが入っているファイルでなければ、取り込むことはできません。
      ファイルの中に違った種類の届出(例えば、算定届と月変届 など)が入った状態では、取り込めません。

  • その他の申請(資格取得届・資格喪失届など)は、登録された事業所情報・個人情報のデータを反映して、申請データを作成します。 磁気媒体届出書に準拠して作成されたデータを、そのまま取り込むことはできません。
  •         
  • 事務組合理事長名で申請する場合には、理事長の電子証明書が必要となり、なおかつ基本情報は、同じ事業所でも、社労士申請と事務組合理事長名での申請時と、その都度変更する必要があります。
  •        
  • 事務組合理事長名での申請は、事務組合理事長と社労士が同じ場合には、社労士の電子証明書で申請できる場合もあります。
  •        
  • 社労士以外の電子証明書でイージアで使用可能な証明書
               
    1. ファイルインポート型のものが必要です。
    2. 住基ネットは、カードリーダー型のため、ご利用出来ません。
           
  • 添付書類は、ソフトの中で、すべて添付します。
    提出代行証明書・被保険者の委任状・算定総括票・算定付票・賞与支払届総括票などは、JPG・PDF 保存されたものを、添付する形となります。

  • 複数台でご利用の場合には、データベースの共有化が可能です。
  • パソコン毎にライセンスが発生致します。複数ライセンスでのご使用の場合には、追加月額保守料金として、1,000円/1ライセンスが掛かります。
  • 一般企業様もご利用になれます。
 
  システム価格 月額保守料金
単体 68,000円



※社労士様価格となります
7,000円/月

1追加ライセンス毎に1,000円追加

※社労士様価格となります

製品価格一覧を見る

  • 価格は消費税を含んでおりません。

  • マイナンバー対応の申請を行うためのシステム「社労法務マイナンバーConnect」システムは標準搭載されています。

    一般企業様の価格はこちらからご覧ください。(勤務社労士様がご購入の場合には、社労士価格でのご提供が可能です。)

  • 月額保守料金は口座振替にて請求となります。
  • ライセンスを追加する毎に、月額保守料金は、1,000円/1追加ライセンス 追加されます。
  •        
  • サポート内容は、法改正・e-GOVの修正事項・機能追加・電話/メール/FAXによるサポートを含みます。
  • 価格及び仕様は予告無く変更することがあります。
  • 商品に関するお問い合わせは、info@shalf.jp または、システムサポートTEL050-6864-6636まで。


  •        

基本情報管理テスト

  • システムを使いこなすために必須のデータベースを作ります。
  • 一度入力すれば、社労法務システム本体への移行が可能です。
  • 磁気媒体届出書の初期情報が取り込めます。
    (健保組合情報 厚生年金基金情報 事業所情報 個人情報)
  • 現在ご利用の個人情報データベースが取り込めます。
  • 賃金情報も、CSVデータで取込む事ができます。
  • 共通情報管理
    ユーザー情報をはじめ、社労士の仕事に関わる年金事務所、監督署などの登録を行います。
    事業所情報管理
    顧問先の基本情報を登録します。
    個人情報管理
    顧問先事業所について、勤務者個人の情報を登録します。
    CSVデータ、テキストデータが取り込めます。
    電子申請
    一括電子申請を行うための、電子申請データを作成します。
  • システム保守
    動作環境の設定や、データベースのバックアップ・復元など、システム運用上の保守作業を行います。

基本仕様

  • 処理可能事業所数 999,999事業所
  • 労働保険事務組合:99組合まで登録処理可能
  • 1事業所当り社員数:999,999人まで処理可能
  • 健康保険組合数:99組合まで登録処理可能
  • 厚生年金基金団体:99団体まで登録処理可能
  • 労働保険事務組合取引銀行数:20行まで登録処理可能

動作環境

  • 本体:Vista、Windows7・Windows8・Windows10
  • ドットNet Framework 2.0がインストールされている事
  • ディスプレイ:表示解像度:1,024×768(XGA)以上のもの
  • ハードディスク:ソフトウェア:約400MB、データ:20~200MB程度(データ件数による)

社労法務システム移行のメリット

  • 電子申請だけでなく、行える業務内容が広がります。
  • シャロットだけ キュールとシャロットのセットという様に、必要な業務を選択して移行することが出来ます。
  • 移行は、ボタンワンクリックで終了し、1分後には社労法務システムをご利用出来ます。
  • 社労法務システムには、イージアにはない「データ出力機能」が付いております。

シャロットで出来る業務    詳細を見る

       
  • 社会保険・雇用保険の電子申請
  • 社会保険・雇用保険のペーパー申請
  • 社会保険・雇用保険の独自帳票出力
  • 社会保険算定業務
  • 労働保険年度更新業務
  • 労使協定届出書作成業務
  • 労災申請書作成業務
  • テキストデータ入出力業務
  •              

キュールで出来る業務    詳細を見る

  • 給与計算業務
  • 賞与計算業務
  • 年末調整業務
  • テキストデータ入出力業務
  • 製品の申し込みをする
    各種製品・サービスをご購入希望のお客様はフォームよりお申し込みください。
    製品・サービスのお申し込み
  • 製品について問い合わせる
    各種製品・サービスについてご不明な点などございましたら、フォームよりお問い合わせください。
    製品・サービスのお問い合わせ
  • サポートの申し込みをする
    各種製品・サービスをご購入希望のお客様はフォームよりお申し込みください。
    製品・サービスのお申し込み

ページトップに戻る